スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく一段落

骨シンチの結果は「異常なし」ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
レントゲン・血液検査も異常なし!

なんで肋骨が痛いのかはよくわからんけど、まあガンじゃなければ良しとしましょう手(パー)

手術の傷の痛みをかばおうとしてムリな体勢をしてたのかもなぁ台風

肋骨、触るとビリビリ痛いのは変わりないけどねぇw
一度ガンになっちゃうと、大したことじゃなくてもすごく気になっちゃうっていう典型かもしれませんねウッシッシ


右腕の内側に打ち身みたいな痛みがあったり、パイ乙がむちゃくちゃ痛かったり、いろいろいろいろありますがねwwあ~、全部気のせいなのかぁ台風なんだかちょっと複雑な思いでいっぱいバッド(下向き矢印)もちろん異常なしってのは嬉しいんだけど、異常がなくても痛いってのは困りもんですな。


次の検査は半年後。
マンモグラフィーもやるって言われてるんですが、絶対イヤだぁふらふら
温存した人、マンモやってるのかなぁ。マジ無理だと思うんだけど台風


ま、今日はとりあえず安心して眠ろうと思います。
おやすみなさい眠い(睡眠)
スポンサーサイト

骨シンチ!

今日は待ちに待った(?)骨シンチ検査の日ぴかぴか(新しい)
初めての検査だから興味ありまくりです。


かわいい検査概要かわいい
骨に起こる病変や炎症部分に集中して取り込まれる放射性検査薬を静脈注射し、全身の骨に検査薬が行き渡ってから、ガンマカメラと呼ばれる機械(写真)で全身を撮影します。検査薬が集まる部分、すなわち病変や骨折部分などは色が濃く写ります。

フォト


というわけで、
今朝10:30に放射性検査薬を注射、13:40からガンマカメラで撮影してきました病院



注射の待ち時間は10分程度でしたが、となりに座っていた60代くらいの女性2人がしゃべってるのをなんとなく聞いていました、というか隣だもん聞こえちゃいますわなw



1人は、10年前のガンが再発したらしく、何箇所かに転移があるそうながく~(落胆した顔)

もう1人は一昨年、胸にしこりがあって乳がん検査したのに異常なしと言われたけどよく調べたら結局ガンだったそうで、それが転移してるかどうかの検査とかあせあせ(飛び散る汗)




でもねぇ、なんかね、ただの世間話って感じで話してるのが面白くてですねウッシッシ


「あっらぁ~~、それは大変ねぇ~ふらふら」みたいな、おばちゃん特有の相槌とかしちゃってて、ほんと全然、病気への悲壮感なんてなしウッシッシ

動けなくなったりしたらまた大変だと思いますが、普通に動けるうちは病院って、考えようによっちゃ元気をもらえるとこなんですねグッド(上向き矢印)




私も会話に参加してしまおうかわーい(嬉しい顔)というタイミングで注射の順番が回ってきちゃいましたww





4月の手術直前に、同じ部屋で注射されたのですが、あの時は痛いの何の雷あんな痛い注射がこの世にあるものか、などと思ったものですが、



今日の注射は普通でした。針は細いものを使ってもらいましたが、まあ液体が漏れることもなく正常に流れていきましたぴかぴか(新しい)




MRIやCTの時に使う造影剤は、液が入った瞬間に体が熱くなったり脈が速くなったりしましたが、今日の検査薬はそんなことはありませんでした。20分くらい経過したらなんとなく体を何かが巡ってる感じ、そして口の中にちょっと違和感を覚えましたが、まあ気にするほどのものでもなく。






撮影まで数時間、骨に検査薬が染みこむ(?)のを待ちます。



待ち時間に一旦帰宅。
そしてちょっとゲーセン行って遊んでるんるん




13:30にガンマカメラのある検査室に到着。


検査薬は尿に流れていきやすいそうで、膀胱に尿があるとそれがガッツリ写ってしまうので、直前にトイレに行ってくださいと言われます。ま、それを見越して先に済ませておきましたけどね手(チョキ)




検査着に着替えて、上の写真にあるガンマカメラの台に寝転がります。


自分が乗ってる台がせり上がり、上下に配置された正方形の板の間に押し込まれます。


自分の頭が、板と板の間になる位置で停止。


そこから上方の板が、自分に向かって下りてきますバッド(下向き矢印)






・・・怖い怖い怖い怖いげっそりげっそり


マジで、いくら安全ですって言われても、顔面に向かって金属っぽい板が向かってくるのは怖いですってあせあせ(飛び散る汗)顔面こんな鉄板で押しつぶされたらどうすりゃいいんだ~!頭はカーブのついた台に乗せられてるから横に逃げることは不可能!どうしよどうしよふらふら


・・・と、アホな妄想してましたが。当然のごとく、鼻先ギリギリ2cmくらいのところで板は止まりましたwいや、でもマジで怖いげっそり



この板が、すんごいゆっくりゆっくり移動して、全身をスキャンしてくれます。この間は「気をつけ」の姿勢でできるだけ動かないようにじっとしています。



まあ、痛くも痒くもない検査ではありますが・・・やはり「何か」を感じますねwwこう、静電気帯びたプラスチック下敷きで撫でられてるような。ざわざわ・・・みたいなww



あと・・・


これはきっとほぼ100%気分の問題なんですけど、胸部をスキャンしてる時、触れると痛む肋骨が、触れてもないのにズキズキと痛くなってきた~雷キャ~やっぱり何かあるのかしら~ふらふらあせあせ(飛び散る汗)
↑何もないと思いますww





15分程度で全身スキャンが終わってから、技師(医師かな?)さんから「どこが痛みますか?」と聞かれたので「右側の肋骨です」と答えたのですが



それに対して「足はどうですか?」と聞き返され、ナニなに、私の足に何か変なものが写った??肋骨以外におかしなものが写ったりしちゃった???などといろんな妄想が駆け巡りましたが、一応普通に「足は痛くありません」と答えてみました。





「痛む肋骨は右だけですね手(パー)」という確認があって(これもまた「そんなこと聞くなんて、もしかして左側に何かあった??」とか余計なこと考えちゃいましたがww)今度は両手をバンザイした状態で、右肋骨だけ右斜め30度くらいの角度から再度スキャン。ん~、やっぱり肋骨、痛い、気がするけど、気のせい・・・なんだろうなぁきっと。




5分くらいスキャンというか撮影して、次に左斜め60度くらいの角度からも撮影。





ま、ここまでしっかり調べてくれたのなら満足でするんるん



結果は来週発表ですが、なんかもう、しっかりと検査したっていうことだけで気分晴れ晴れしちゃいましたね晴れもやもやしてるのが一番良くありませんな手(グー)結果が楽しみでするんるん

Bチク欠損??

骨転移とかが気になってしまったために、最近は傷とか見た目とかに対する関心が薄れていたのですが、改めて自分の体を鏡で見るとまだまだ日焼け痕みたいなボロボロの皮膚が張り付いてるわ傷の周りは陥没してるわ厚いカサブタに覆われているわ・・・ほんと恐ろしいっすね放射線雷

ちなみに放射線治療終わって既に3ヶ月以上経ってます。未だに右胸だけ四角く色がついてるのは仕方ないとしても、いらなくなった皮膚くらい全部キレイに剥けてくれてもいいんじゃないかと、自分の皮に説教したくなりますねぇ。剥けそうで剥けない黒い皮。ま、たいした問題じゃありませんけどw


骨が痛い、ということに気を奪われている、ここ数週間。


胸自体もなんだかんだ言って相当痛かったりますウッシッシ
特にBチク周辺雷


痛みって、人と比べられないから、私の痛みがどのくらいのものなのか伝えるのが難しいんですが、例えるなら・・・足の小指を柱の角にぶつけたような感じ?



一瞬、うぎゃ~って叫んでしゃがみこみたくなるような、それでいて実際に痛いのは極狭い領域なもんだから別に命に別状ないわけで、大騒ぎするほどの痛みかと言われれば、まあちょっと時間がたてば引いていく痛みだし、誰かに救いを求めるほどのことではないんだけど、でも本人は結構不幸な気分全開で、この苦しみを誰かと分かち合いたい衝動にかられつつも、でももしかしたら他の人にとっては「全然こんなの痛いうちに入らないよ」ってくらいのレベルかもしれないし、この程度で騒ぐような私じゃないはずだとか妙にプライドが高くなってみたり・・・






まあ、いいんです、ぶっちゃけかなり痛いんです手(パー)
とりあえず、一瞬目の前が白くなるくらい痛いんです。



それでも、痛み自体は手術したんだし、大きな傷なんだし、この程度の痛みならある意味楽しめなくもないし(?)痛くても不思議はないので放置しておきますが(そのうち治るだろうしね)問題はBチクですよ、カサブタで出来たBチクあせあせ(飛び散る汗)



以前にちょっとカサブタ取ったら一部が欠けてしまったBチク、恐怖でずっとあれ以来触ってなかったのですが、あまりに痛みがあるもんでどうなってるのか気になり撫でてみたら!






パカッ芽




真ん中で割れたあせあせ(飛び散る汗)
こわ~っげっそり


割れたというか、割れてるというかw
新しい皮膚は出来てるようですが、とにかくBチクがパカッと開くことは間違いない!



この先、どうなっちゃうんでしょうねぇ。
何年くらい経ったらカサブタBチクから脱却できるんでしょうねぇ。


痛みがこの割れ目によるものかどうかは不明台風



ま、ガンでさえなければどうでもいい気がしてますけどねww
手術は、どうしたって痛みとは無縁でいられません。腹の傷もたまに痛いし、そういうもんだと思うようにします。




さて、骨シンチは来週の金曜日。
血液検査もレントゲンも見てもらうし、とりあえずそれで安心できますないい気分(温泉)

待ち時間

22日に骨シンチ検査の予定になってますが、それまでは普通の生活をするだけ。。痛みは我慢するしかないよねぇ台風ま、我慢できない痛みじゃないからいいんだけどたらーっ(汗)

でもうちの父も(乳がんじゃないけどw)手術後半年で骨に転移したもんね、ちゃんと私も検査しなくちゃねグッド(上向き矢印)




今の痛みの実況をしますと・・・


右肋骨の2ヶ所が、触ればもちろん、バイクで走っても道の凸凹でビビっと来る、何にもしなくても通常からなんとなくまったりと慢性的な痛みがあってですねぇ台風



大笑いすると痛いあせあせ(飛び散る汗)

深呼吸すると痛いあせあせ(飛び散る汗)

歌うと痛いあせあせ(飛び散る汗)



あぅふらふら




まあ、主治医の先生が言うように
肋骨は、ちょっとした痛みが引きにくいっていうだけだと思いますけどねウッシッシ


新しいバイクに乗ってるせいで、知らないうちに体が緊張してるのかもしれないし。



いや~、いろいろ余計な心配をしてしまうわけですよあせあせ(飛び散る汗)
また治療費がかかっちゃうと、保険金足りなくなっちゃうんじゃないかとかウッシッシ




私の予想では、

22日の検査前に痛みが全部なくなってて、

「こんな検査、無駄だったなぁ、検査代もったいなかったなぁふらふら」って文句タラタラ言ってるのであろうとウッシッシ




周りから見たら、気にし過ぎですよねぇきっと台風

でもね~、でもね~、気になっちゃうんですってウッシッシあせあせ(飛び散る汗)

とにかく「良く生きたい」もんねぴかぴか(新しい)




でも、検査するまでは何にも出来ないから、ただ検査までの日を待つだけあせあせ(飛び散る汗)待ち時間ほどダルイものはないですねぇバッド(下向き矢印)




・・・いや、しかしですね


雨のせいか、肋骨痛いよ~ふらふら
マジで痛いよ~雷

検査をしましょう

最近、肋骨が痛いので、一応骨転移がないかどうか調べてもらいたいと思いまして。


外科はとにかく混んでてなかなか診てもらえないので、横着な私は、いつもガラガラな放射線科でチャチャッと気になるとこだけ検査してもらおうとたくらんだのですが・・・


結局「主治医の先生に診てもらってください」と言われてしぶしぶ外科へがく~(落胆した顔)
時間を無駄にしてしまった台風

とりあえず何でも最初は主治医の先生に相談すべきなんですねウッシッシあせあせ(飛び散る汗)


むちゃくちゃ待たされましたが、なんとか診察してもらいましたぴかぴか(新しい)




そして予想通り

「まあ、肋軟骨の痛みだからねぇ、ぶつけたりねじったり、咳をしたりすることで痛みが続いちゃうこともあるから、そんなに心配はないと思うけどね~」


と大丈夫大丈夫オーラ出しまくりの主治医に



「うちの父親も、全然問題ないって言われてて、筋肉痛程度の痛みだったのに、調べたらガンが骨に転移してたんですよ、だから調べてもらって安心したいんですよ~」


と主張しまくってなんとか検査してもらうことに成功手(グー)



一番やってもらいたかった骨シンチ※は人気があるのか(違っ)予約がいっぱいらしく、早くて22日だそうな。


※骨シンチ(放射線同位元素ってやつを注射して体に流し、放出される放射線を撮影して骨の異常を調べる検査)




ま、仕方ない。



22日は午前中に放射線注射して、3時間後に撮影ですカメラ
結果は25日に教えてもらうことになりましたわーい(嬉しい顔)


で、せっかく治療終了して3ヶ月目だし、ついでに採血とレントゲン撮影して。定期健診の予定がないんですもの、ちょっとは調べてもらわんと手(グー)



ま、これで25日に結果を聞いてひと安心いい気分(温泉)
・・・という予定ウッシッシ


転移してたらしてたで、あとはガンと仲良く生きる方法を模索していくだけですけどねウッシッシ

混んでるところは仕事も早いってことかしらね

混雑の激しい外科よりも、すいてる放射線科のほうが書類をもらうのも診察してもらうのも、時間がかからなくていいかな~なんて調子のいいことを考えまして。



主治医をさしおいて放射線科へ・・・



顔出した技師さんが「あ~!お久しぶりこんにちわぴかぴか(新しい)」と言ってくれたのが嬉しかったですね。覚えててくれるもんなんだ~ウッシッシ

「ちょっと気になることがあって診察してもらおうと思ったんですよ」と言ったら「えぇ~っ!書類しまっちゃったよ~ウッシッシ・・・いや、もちろん出してくるから大丈夫だけどね」とか言われたりww


で、予想どおりすぐに診察室に通されました!らっき~るんるん
外科だったら基本1時間待ちですからねぇあせあせ(飛び散る汗)


お医者さんに
かわいい傷病手当金の書類を書いてもらいたいこと
かわいい骨が痛いことについての検査をしてもらいたいこと

この2点を伝えて。



まず先に書類を渡す・・・



「え~っと、この書類って・・・放射線科で書けるものだっけ??」




い、いや、そんなこと私に聞かれましてもふらふら



「主治医の先生が『外科より放射線科のほうがさっさと書いてもらえるよ』っておっしゃってたんで、それでこっちに来たんですが・・・」と言ったらさらにパニック状態となり・・・




「でも放射線治療は終わってて・・・ア○ラックの書類とかと同じかなぁ?保険金のための診断書ってことだよね?」




いややややっ、民間のガン保険とかじゃなくて「傷病手当金」!!
保険会社じゃなくて、社会保険の書類!!




「よくわからないし書いたことないんだよねぇたらーっ(汗)




わ、わかりました、素直に外科に持って行きますあせあせ(飛び散る汗)




「こちらで預かって、外科に話しておこうか?」



いえっ!話がややこしくなるので私が持って行きます手(グー)
なんてこったいふらふら



自分で書類を持って外科の受付に行って「傷病手当金の書類お願いしたいんですが」と声を掛けたら、事務の方が書類にさっと目を通して「この期間の証明ですね、はいわかりました、ちょっと1週間くらいかかっちゃいますけどいいですか?」と、普通に答えてくれて一安心いい気分(温泉)



はぁ~台風やっぱ混んでるほうが、仕事に慣れてるってことかしらね・・・







・・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)




ちょっあせあせ(飛び散る汗)


書類に気を奪われて、肝心の骨の痛みについて診察してもらうの忘れましたよげっそり




あわてて放射線の先生に「骨の痛みも診てもらいたいんです~ふらふら」と訴えにダッシュ(走り出す様)



「あ!そうでしたね!で、どこら辺が痛いですか?」


というわけで、痛い場所を伝え、なんとしてもちゃんとした検査をしてもらいたいってことも主張し。


「わかりました、じゃあ検査の予約入れましょう、待合室で待っていてください」と言われて、ちょっとホッとして椅子に座って待つ・・・



数分後・・・診察室から先生の困惑した声が・・・




医「骨シンチの予約って、どうやって入れるんだっけ??」

えぇ~ふらふらあせあせ(飛び散る汗)
やったことないの~???


予約とか全部パソコンでやる病院なんですが、先生がパソコンに弱いだけ??骨シンチなんてしょっちゅうやってるもんだと思ってたのに台風
30歳そこそこな感じなのにPCオンチ??あるいは新人のお医者さん??




いろいろバタバタしてた若医師、ベテラン(っぽい)技師を呼んで予約のやり方を聞いて、ようやく無事に予約票もらえましたあせあせ(飛び散る汗)



検査日:10月22日がまん顔
結果:11月1日あせあせ(飛び散る汗)


遅っあせあせ(飛び散る汗)


でもまあ、検査してもらえるなら、いっかぴかぴか(新しい)



やっぱり外科は混んでるけど、仕事に慣れてて安心感がありますなウッシッシ
次は外科にいこ病院
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。