スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線17日目(頑張れについて)

今日は、ほんと、な~んにも変わったことなくて、普通に放射線浴びて、特に質問もせずに帰ってきました。ヒリヒリ感が強くなってきたんですが、まあ、前かがみになって歩いてれば特に問題なし。

前かがみに歩いてたのに、お腹に書かれた赤紫の線がタンクトップに付いちゃって、洗濯しても手洗いで擦っても取れないよ~ふらふら


というわけで。


特に何にもないんだけど・・・



これだけで日記が終わるのもアレなんで。



またちょっと思った独り言をばww






ガンに限らず、病気になったり怪我したりした人に対して、どういう声を掛けたらいいんでしょうね?全く触れないのも変な気がするし台風

よく聞く話ですが「『頑張れ』って言われるのがイヤ」っていう人が多い気がするんですよね。何を頑張れというのか、って。まあその気持ちもわからんでもないけど・・・


なんていうか、明らかに心配もしてないくせに「頑張ってね」って、とりあえず人の顔見れば条件反射みたいに言う人は、確かにいますよね。そういう人にはこちらも条件反射で「あ~、ありがとう」って言っとけばいいんですけど、まあちょっとあんまり嬉しくはないっていうか、複雑な気持ちになるかも。


でも、「頑張れ」以外に何を言ったらいいのかっていうとちょっと難しい気がします。私もきっと誰かが乳がんになったら「頑張ってね」って言っちゃいそうだ。


どう声を掛ければいいんだろう?


相手の状態にもよるんでしょうが、その人がほんとに元気なのか、強がってるだけなのかってのは、本人にしかわからないし、頑張れっていう人だって悪気があるわけじゃないだろうし・・・


結局、何も触れないのが一番いいのかなぁ?





ちなみに、私は本気で元気なので「頑張れ」的な応援、大歓迎ですウッシッシ

あ~、でも薬で落ち込んでる時とか、再発して凹んでるときに「頑張れ」っていうのは酷だしな~、ほんと難しい。。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。